ABOUT

【m’s Tea】のfarmer片岡美智子です。生まれも育ちもそして嫁ぎ先までが和束町です。物心ついた時から今日までお茶とは切ってもきれない環境の中で暮らしてきました。お茶農家として、そして生産者として、美味しいお茶をみなさまにお届けしたいその思いでこの度、オンラインショップを立ち上げました。 【m’s Tea 】は、京都府南部に位置する宇治茶の産地・和束町で碾茶(抹茶を作るためのお茶)作りをする茶農家です。   和束町にお茶が伝わったのは、約820年前の鎌倉時代。隣町の海住山寺の高僧「慈心上人」が「明恵上人」から茶の種子を分けていただいたのが始まりとされています。  和束町は町の真ん中に川が流れており、山間部であることから霧が立ち込めやすく、この霧が茶畑を覆い遮光することによって美味しいお茶が育つのです。そして、和束の土地がお茶づくりにとても適している良い土壌なのです。    【m’s Tea】では碾茶を製造しています。  碾茶は粉に引く際に柔らかい葉っぱと葉脈に選り分けられ、抹茶になる部分とうす折茶になる部分ができます。このお茶を主に取り扱っています。   私たちは、この和束町で碾茶をつくり、生産者の顔が見えるお茶としてお届けして、より一層みなさまにお楽しみいただけましたら嬉しいです。